Language:

WonderTable

HUMAX

緊急事態宣言の発令を見据えた 予測対策を実施 【オービカ モッツァレラバー】

  • 投稿日:2021年01月14日

株式会社ワンダーテーブル[本社:東京都新宿区西新宿/代表取締役社長 秋元 巳智雄]は、モッツァレラチーズ専門店 オービカ モッツァレラバー(以下、 オービカ)にて、2度目の緊急事態宣言の発令を見据え、事前に集客と利用促進の対策準備を行ってきました。この度、政府により発令された時短要請に応じ、2021年1月8日(金)より20時までの営業を行います。準備してきた対策の効果にぜひご注目ください。

■企画背景
昨年4月よりオービカ六本木ヒルズ店では、新型コロナウイルスの感染拡大防止策を講じながら店内営業を行っています。 政府のメッセージであるStay Homeにあわせ、お客様の自宅でも安心してレストランの味を楽しんでいただけるよう、テイクアウトやデリバリー、オンラインショップの商品開発を推し進めてきました。
具体的な施策としては、2020年4月より、毎月イタリア&日本応援キャンペーン「Noi siamo Italia Noi siamo Giappone」を開催。応援してくださるゲストの方々のご利用もあり、今月まで計10回開催しています。
デリバリーに関しては、 Uberやmenuなどといったデリバリーアプリに加え、 2020年12月22日、 新たに日本交通株式会社によるデリバリーサービスを導入しました。 近隣だけでなく23区内の幅広いお客様にもご利用いただけるよう対策を講じました。
公式オンラインショップでは、 これまで購入いただいたお客様に再度利用いただくためにクーポンを発行し、巣籠需要の囲い込みを図っていきます。
今後も状況を予測しながら追加施策を打ち出し、 利用者の促進を打ち出していきます。

詳細はこちらから http://www.wondertable.com/pdf/obicataisaku.pdf